デザインタイル・天然石のリビエラ株式会社

RIVIERA リビエラ

SERVICE

サービスのご案内

タイルの品質について

SAFETY

床タイルの歩行安全性について

リビエラ株式会社は、外床タイルのすべり抵抗値を
C.S.R値(JIS A 1509-12によるすべり抵抗係数)とR値(ドイツ規格DIN51130)による数値で表しています。

ASSESSMENT

ドイツ規格によるすべり抵抗評価(DIN51130)

靴を履いた状態で試験台を傾け、滑り出す角度をR値で示します。タイル表面は乾いた状態で試験をします。
値が大きくなるほど滑りにくくなりますが、屋外での使用や店舗での使用など、条件によって滑り易さは変わってきます。
なお、ヨーロッパでは同規格を採用しており、公共事業ではR10以上の使用が義務付けられています。

規格 R9 R10 R11 R12
傾斜度 3°超〜10°以下 10°超〜19°以下 19°超〜27°以下 27°超〜35°以下
すべり抵抗 やや低い 普通 通常より滑られない 高い
イメージ
DATA

C.S.R値とC.S.R-B値によるすべり抵抗数(JIS A 1509-12)

台座に固定したタイルの上に水とダストを散布した状態で、すべり片を785Nの鉛直加重をかけた状態のままワイヤーを斜め上に引っ張り、その抵抗値を数値化したものがC.S.R値/C.S.R-B値となります。
C.S.R値は紳士靴で歩行する場合を想定した独立気泡発泡体シートをすべり片として使用し、外部床の滑り抵抗の目安となります。リビエラでは0.46以上を外部床使用時の安全の目安としています。C.S.R-B値は素足で歩行する場合を想定したゴム製ノンスリップシートをすべり片として使用し、主には浴室床などの滑り抵抗の目安となります。
リビエラで0.70以上を浴室床での安全の目安としています。

C.S.R値による評価・C.S.R-B値による評価

ナラ ビアンコ 33x100をサンプル請求リストに追加しました

  サンプル請求フォームへ

サンプル請求フォームへ

をサンプル請求リストから削除