リビエラ株式会社採用情報

リクナビ2021へ マイナビ2021へ

PROJECTプロジェクト

  1. リビエラ採用サイト
  2. プロジェクト
RIVIERA

弊社名でもあるRIVIERAブランドは「普遍性」をテーマに持ち、主に住宅スペースに合う製品が揃っています。
豊富な国内在庫と全国への配送網構築により、より安心感のあるブランドへと成長しております。

TERRA

TERRAブランドは「革新性」をテーマに持ち、主に商業スペースに合う製品が揃っています。
ファッションという切り口でタイルという素材を捉え直し、楽しんで空間に合う素材選びができるブランドを目指しています。

CASE1

商業施設

カスケード原宿

カスケード原宿

様々な素材・質感・コンセプトをタイルで叶える「原宿の竹下通りと表参道の間の窪地に大人向けのくつろげる空間を作る」というプロジェクトが形になった商業施設で、 2015年の秋にオープンしました。テラスや回廊にリビエラのバリックという商品をメイン素材としてご採用いただいています。
路地としても機能する空間で、デザインコンセプトは「積層テラス」。テラスということから、木素材を使用したいけれど、エクステリア空間のため、耐久面を考慮し使用できないという素材的なネックを解決したものが、木目調タイルです。
現在ではインクジェットの印刷技術がタイルづくりに取り入れられ、あらゆる素材感をタイルに再現することが可能となりました。特に「木」を再現したタイルは、「燃える」「傷がつく」「腐る」といった木が持つ建材としてのデメリットを解決する素材として近年注目されています。 中でもリビエラの「TERRA」ブランドのバリックは、「ウイスキーの樽」をテーマにデザインされており、ウイスキーが染みて風合いを纏った状態の木を再現しており、今回の「大人の空間」というコンセプトを表現するのに最適な素材でした。
カスケード原宿のホームページの背景にも同商品の画像が使用されています。

  • TABLE 9 TOKYO

    360°のマルチファンクションエンターテイメントスペース

  • Buffet & Café SLOPE SIDE DINER ZAKURO

    異なる光やデザインが連続し変化する長く深い空間

CASE2

ホテル

リズベリオ赤坂

リズベリオ赤坂 リズベリオ赤坂

同じ目線で共感できることの重要性 リズベリオ赤坂は赤坂のデザイナーズホテルで、インテリアデザインを九州の老舗家具メーカー、関家具の野田氏が手掛けられております。メインフロアに、リビエラのデザインインダストリーローグレーというタイルをご採用いただきました。
この経験を通じて感じたことは、「同じ目線で共感できることの重要性」です。デザイナーの要望を知る際、そこに行きついた背景やストーリーまで掘り下げて聞くようにすると、同じ目線で考えることができ、結果こちらが思う良いものがデザイナーにとっても、良いものになります。
野田氏には、その後のホテルでも弊社の商品をご採用いただいております。

  • 京都グランベルホテル

    日本クリエイティブなおもてなし空間

  • 箱根小涌園 天悠

    大自然に囲まれた上質空間のコンセプトは「眺望と調和」

CASE3

住宅スペース

住宅メーカー案件

住宅メーカー案件 住宅メーカー案件

結果が出たのは自分の力だけではない。
支えてくれた同僚と上司のおかげ。
入社2年目、北海道内でも大きな住宅会社に標準採用してもらうための営業活動を始めました。「価格だけではなく採用実績も必要」と言われ、上司と相談しながら実績づくりを開始。大型物件やモデルハウスへのスポット採用を増やし、1年程蓄積した実績を携え、無事に標準仕様品として認めてもらうことができました。
地道にやってきたことが実を結び、大きな達成感とやりがいを感じました。結果を出せたのは、一緒になって課題を見つけ、解決の糸口を探してくれる上司と、グループの枠を越えてアドバイスや協力を仰げる同僚のおかげだと実感しました。

  • リビング

    ナチュラルな室内を引き締めるインダストリアル風の壁

  • キッチン

    リビングやダイニングと自然につながる解放的なキッチン