リビエラ株式会社採用情報

リクナビ2021へ マイナビ2021へ

ABOUT USリビエラについて

  1. リビエラ採用サイト
  2. リビエラについて

FEATURE 特徴

01.豊富なラインアップでイメージする空間をより忠実に実現 取り扱いタイル、年間出荷量は1300種以上。560万枚

私たちリビエラは、主にイタリアやスペインからタイルや天然石材、ブリック(レンガ)などの建材資材を輸入し、国内で販売しています。
1997年の設立当時、10センチ角の国産品タイルが主流だった住宅業界で、金額が安くデザインも大きく見える欧米の30センチ角のタイルを輸入販売し、世の中のスタンダードに変革を起こしました。その後も、最新トレンドのタイルを直接輸入し、住宅の玄関まわりの多彩なデザインを低価格で提案しています。
リビエラが現在扱っているタイルは、色やサイズ違い含め1300種以上。年間の出荷総枚数は約560万枚にものぼります。すべては幅広いニーズに応えるため。私たちは、豊富なラインアップの中からセレクトし、お客様がイメージする空間をより忠実に実現する、そのお手伝いをしています。

タイルのイメージ

02.お客様に選ぶ喜び、迷う楽しみを感じてほしい。日本の建築物にさまざまな彩りを イタリアからの国内輸入量約15%シェア

現在、世界のタイル業界をリードしているのはイタリアです。品質、デザイン性ともに高く、輸出売上高では約46億€と世界1位、生産量も4億㎡を超えます。リビエラでは、イタリアから日本に輸入されているタイルの約15%を取り扱っています。さらに、大手住宅メーカーにおけるリビエラタイルの採用率は約40%のシェアを誇り、大型施設でも順調に採用が増えています。
その理由は、日本の住宅事情や顧客ニーズを熟知した社員が現地に足を運び、素材の風合い、色、形のすべてから世界トップクラスの風格を感じさせる質の高いタイルを厳選し、生産者との直接交渉を経て輸入しているからです。
また、そうしたタイルを取り揃えることで、お客様には選ぶ喜び、迷う楽しみを感じていただき、日本の建築物にさまざまな彩りを添えていきたいと思っています。

シェア率のイメージ

03.北海道、宮城、埼玉、静岡、大阪、福岡、沖縄。豊富な在庫で安定供給を 国内7ヵ所の倉庫保有

私たちは、高品質でデザイン性の高い商品を取り揃えるとともにサービスの向上にも励んでいます。現在国内の物流拠点は、北海道、宮城、埼玉、静岡、大阪、福岡、沖縄の7ヵ所にあり、豊富な在庫を保有し欠品のリスクを回避。納期に影響が出ないよう、常に安定供給を目指し、タイルなら1枚単位で、乱形石は1㎡単位での出荷が可能です。日本国内のどの地域にも同じように、高品質の商品をお届けできる体制をとっています。
2013年3月、東京・西新宿に当社初の本格的なショールームを開設し、2018年7月には、内容をより充実させた東京ショールームを港区赤坂に移転。エンドユーザーからプロの設計士まで幅広いお客様をお迎えしています。「リゾートホテルのような、いつでも来たくなるタイルを探す旅の始まりの場所」をコンセプトに、 タイルの知識を得る場所としてはもちろん、来場者のくつろぎのスペースとしても機能することを目指しています。

物流拠点のイメージ

04.よりリーズナブルに、短い期間で納品を行うことができる。 48時間以内納品(一部除く)

リビエラでは、特約店や代理店を設けずに、お客様と直接取引を行っています。そのため、余分なコストをカットでき、よりリーズナブルに、さらに納期を短くすることが可能です。ご注文後、翌日(24時間以内)納品、遅くとも中1日(48時間以内、一部地域を除く)で建築現場に納品するという、スピーディな対応がモットーです。こうしたお客様の立場に立ったサービスには、輸入建材のスペシャリストというスケールメリットとノウハウが活かされています。タイルのケース入り数にとらわれず、最小単位の1枚の発送に対応しているのも、そのひとつです。
また、直接取引を通じ、住宅会社やそこで家を建てる施主様の喜びの声をダイレクトに感じることができ、それが私たちの原動力になっています。
商品の良さだけでなく、サービスの向上を常に意識し、より最適で最新のサービス内容を提供できるように努める姿勢がお客様との信頼関係に繋がっています。

スピード対応のイメージ

COMPANY 会社情報

静岡本社

〒420-0852
静岡県静岡市葵区紺屋町17-1
葵タワー23F

MAP

東京支社

〒107-0052
東京都港区赤坂3-3-5
住友生命山王ビルB1F

MAP